2007年09月23日

抜糸(術後14日目)

木曜に行った時にはまだ抜糸は早いといわれ、日曜か月曜で確実なのは月曜、と言われていたのですが、昨日の状態から見たら、もう大丈夫でしょう!ということで、病院に行ってきました。

無事、抜糸終了でするんるん

shipo2.JPG shipo1.JPG shipo3.JPG

毛が揃ってきたのも先生はびっくりされたようで、普通先っぽの毛は遅いんだけどなぁと首を傾げていました。
この手術で、ちゃいはすっかり病院嫌いになってしまったようで、診察台の上に出されると、全身緊張状態になり手足の指は開かれ、ブルブル震えていました。
あれま〜たらーっ(汗)

なんだか、この2週間が短くもあり、とても長ーくも感じました。
まだまだ楽できる年齢と思っていただけに、突然の療養生活は、いろんな意味でちかれました・・・・。

ho.JPG
でも、頑張ったのはちゃいくんです。
ホント、何事もなく無事治癒してよかったです。

←家に帰ってホッとしたちゃいくん

しばらくは病院行かなくてすむよー(笑)
続きを読む
posted by のり at 20:00| ☁| Comment(2) | フェレット 脊索腫疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

病理検査報告

脊索腫疑いで断尾手術をしたわけですが、フェレットの場合良性の事が多い、とは聞いていたものの、万が一悪性だったら・・・と思うとこの結果が凄く気になっていたので、病院に行く度に「まだ?」と、ちょっとうざい飼い主になっていました(笑)
んで、ようやっと来たのですが・・・・解読不能(大汗)
こってこての医学用語ならなんとか調べれそうなものの、中途半端な言葉がずらりと並んでいるものだから、検索してもひっかからない(涙)

とりあえず抜粋しますんで、誰か解読してください(願)
続きを読む
posted by のり at 20:30| ☁| Comment(4) | フェレット 脊索腫疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

尻尾カラーが取れた(術後7日目)

今日は、術後初めて院長先生の診察です。
首も尻尾もカラーは絶対はずしちゃダメって言われていたんですが、見ているところでは首だけはずしていました。
ゴメンナサイ・・・。
でも、そのお陰で、ストレスも思ったほどでなく、徐々に元気を取り戻してきているよう。
相変わらず、自分でご飯を食べようとしませんが。
前回、しっかりと尻尾のカラーを付けていただいたので、この2日間外れ知らずでした。
初めてだー。

2日目に外れて以来、一度も傷口を見ていなかったのですが、目の前でカラーを外された(院長先生は飼い主の保定で診察してくれる)尻尾は、思ったよりも良くなっておらず、1週間経ってもまだ傷口がジュクジュクしていました。
2日前には、化膿してきているって言われたし。
抜糸なんてとんでもないよね・・・。
もともとちゃいは尻尾が短い子で、更に切って短くなってしまったので、首のカラーをつけていれば傷口に届かない、という院長判断で、傷口の乾燥目的で尻尾のカラーは外されました。
良かった!と大手を振って喜べる事ではないですが、これで少しは身軽になるので、ストレスも減って快方に向かってくれると良いです。

続きを読む
posted by のり at 14:00| ☁| Comment(0) | フェレット 脊索腫疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

術後3日目

朝ケージの掃除をするときに、ちゃいを放牧させていたのですが、なんともぅ早尻尾のカラーを取ってしまいました。
・・・どーしよー・・・・
でも、首のカラーは付いたままなので、なんとか持ちこたえてくれるかなと、そのまま会社へ。

が、帰ってきてびっくり。
カラーがつっかえるのでトイレは外し、そのかわりにペットシーツをガムテープで固定していたのですが、見事にぐちゃぐちゃに引き裂かれ、うん@は飛び散り、体を振るわせたときにあちこちにぶつかっていたのか、尻尾から血が飛び散ってるわ(少量だけどね)、かなり悲惨なケージになっていました。
ある程度ぐちゃぐちゃは予想していたのですが、想像を遥かに超えてぐちゃぐちゃになっていました。
あっちゃ〜(涙)
傷口を見てみると、血が固まってちょっと赤くなっているものの、噛み壊してはいないみたい。
そのまま急いで病院へ。
続きを読む
posted by のり at 23:00| ☔| Comment(2) | フェレット 脊索腫疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

術後2日目

ちゃいに何かあったときのためにと、幼少の頃、首に鈴をつけて慣れさせていたつもりだけど、たまにしか着けなかったせいか、結局慣れないで今日まで来てしまった。
何を言いたいかというと・・・

カラーに全く慣れません!(涙)

先生の話だと、装着する時も「いや〜!!!」って自分で外しては付け直して、と、かなり手間取ったらしい。
そのためか、カラーは普通以上にしっかり固定されていて、見ているだけでも苦しくなってしまう頑丈さ。
諦めの悪いちゃいは、頑丈なカラー相手にも、「これいや〜!!!」って何度もヒステリックに取ろうとしていました。
放牧すれば、カラーを引きずって色んなところに潜り込もうとしては潜り込めず、ウロウロイライラ・・・・。
そして・・・
続きを読む
posted by のり at 22:30| ☀| Comment(0) | フェレット 脊索腫疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

脊索腫

気づいたのは、7/18。
尻尾の先に出来物が出来ていた。

sekisaku.jpg先端はかさぶた状になっていたので、バトル傷かなと思っていた。
年の為、傷のレメディー「ハイペリカム(Hyper.)」と化膿止めとして天然の抗生物質「カレンデュラ(Calen.)」を水ポーテンシーで。
4日後、先端のかさぶたが剥がれたけれど、突起が残った。





とりあえず、食欲もあるしうん@も上出来なので、様子をみる事に。
続きを読む(注意!手術写真あり)
posted by のり at 22:51| ☀| Comment(0) | フェレット 脊索腫疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。