2008年02月24日

原虫

ちゃいのうん@が2週間くらい前から様子がおかしい。
形はちゃんとあるのだけど、ブツブツのうん@なのである。

20080203.JPG下痢しているわけでもないし、らてとバトルできる元気さもあるので、しばらく様子見をしていた。
でも、緑の粘膜も着く事もあるし、体重も下降を辿る一方。
先週は、自分が風邪でダウンしてしまった為、2週間も放置状態になってしまった。




ということで、うん@を携えて病院へ。
診察室に呼ばれるなり、「すっごい沢山の卵が出ているわ」と・・・たらーっ(汗)
「虫」というと、どうしても回虫のなっがい体を思い出してしまい、暫し呆然としてしまう。
でも、そういう回虫よりはもっと下等な虫で、普段から人間の体にも、もちろんフェレットの体にも居る虫であるみたいです。
それが、なんらかの作用で増殖してしまったとの事。
もともと体の中にいる虫なので、隔離の必要はないしらてとも遊ばせても良いらしい。
卵として出てきているので、それがクリプトスポリジウムなのかはわからない。
けども、どちらにしても薬は同じものを使うので、そこまでの確定はしていません。 
駆虫薬10日分を貰いました。
これで、うん@もまた艶々になってくれるといいけど・・・。
 
posted by のり at 20:37| ☁| Comment(2) | フェレット 診察簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

健康診断

今日は、らてくんの健康診断に行ってまいりました。
我が家に来て1週間、大分慣れてきたかなっていう感じです。

最初の診断はやっぱり院長先生でしょう、ということで、前もって予約。
「今度はどんな子さ〜?」と言われて、らてくんを登場させ診てもらうなり
「悪い顔してんな〜ぴかぴか(新しい)」って(笑)

口の周りの赤い発疹らしきもの、体の傷を診てもらうと、口はニキビ、体は様子見で問題ない、とのことでした。
ヒキビって・・・・・皮脂過多なのか?
そのわりには、らての毛はパサパサしていて、肌触りも悪いんだよなぁ。

ついでに、世間話的に「らての布食い」の話をすると、犬・猫にもそういう話はよくあって、そういう子は腎臓が悪い子が多いんだそうな。
腎臓悪い子が布食いかというと、そういわけでもないけれど、統計的に出されてきているんだとか。
フェレットにはそういう数字は出ていないけれど、おそらくそれに近いところがあるんじゃないかって。

・・・腎臓かぁ・・・

肝臓だったら再生できる可能性もあるけど、腎臓って悪くなったらそれ以上は良くならないというし・・・心臓の方も音がくぐもっているって言うし、前途多難な子なのかな・・・?

080203.JPG
でも、とりあえずは、ご飯モリモリ、うん@モリモリ、元気いっぱい・悪さいっぱいなので、今日明日という話ではなさそうです。
病気だったとしても、手放す気なんてさらさらないですけどね。




昨日、我慢できずにお風呂に入れてしまったので、ジステンバーの予防接種は来週におあずけ。

本日の体重は1100g。
1週間で100gも増えました。
どうやら、ちゃいより大きくなりそうです♪
posted by のり at 22:00| ☁| Comment(0) | フェレット 診察簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

フィラリア

この時期忘れてはならないのが、フィラリアの予防薬。
覚えやすいように、毎年1日を投薬日としていたのですが、薬を取りに行くのをすっかり忘れていましたたらーっ(汗)

今年は近い方の病院に行くことに。
ちゃいも、この病院は初めて。
体重を量ると、なんと1180gバッド(下向き矢印)
また減ったよ〜(涙)
食べないで減っているわけではないから、単なる大人痩せと季節的なものだとは思うけれど、1550gまで増えたことを思うと、なんだか切ない・・・バッド(下向き矢印)
そのことを先生に言うと「それは重すぎだ」とあっさり言われてしまいましたがたらーっ(汗)
この子はよく咳をするので、心臓が気になっていましたが、心音は特に異常はないみたい。
やっぱり毛かな。

続きを読む
posted by のり at 23:00| ☁| Comment(2) | フェレット 診察簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

なんかすっきりしない。

RIMG2749.jpg
最近、少し痩せた感じがしたので体重を測ってみると、1480g。
先月は1550gあったから、70gの減少。
咳と粘液便は相変わらず出すし、ご飯もいつもの半分しか食べない。
そんなに元気がないわけじゃないけど、やっぱり気になるので病院に行くことに。



今日は、久しぶりに院長先生の診察です。
やっぱりいざという時は、院長先生じゃなきゃね。
が、触診でも異常なし。
念のためと血液検査もしてもらった(3人がかりの保定たらーっ(汗)かなり暴れましたよあせあせ(飛び散る汗))のですが、これも全くの正常値。
結果はこちら
心配しすぎだよ〜と言われたけど、なんかもやもやは消えず。
疑っているわけじゃないし、病気であって欲しいわけでもない。
でもね、じゃぁなんで?って思っちゃうんです。
何もなかったらこんな症状はでないでしょ?
モヤモヤだけど、異常はないんだからとりあえずはまた様子見です。


こんな話がでました。
posted by のり at 22:17| ⛄| Comment(2) | TrackBack(0) | フェレット 診察簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。