2006年09月09日

帰路へ

らくだ乗りが出来なかったので、予定した時間より大幅に余ってしまった。
ふと体を見ると、汗と砂が絶妙に絡み合って、とてもじゃないけどこんな体で電車に乗れないあせあせ(飛び散る汗)

ということで、時間も余ったことだし、急遽温泉に行くことにるんるん
場所は鳥取温泉。
ここは、県庁所在地の繁華街という抜群の立地に湧く、全国でも珍しい温泉です。
なんと駅から10分圏内で選び放題。
今回は『観水庭こぜにや』という、結構立派な宿泊施設の日帰り入浴をしてきました。
車道沿いで、露天風呂に入るというちょっと不思議な感覚でしたが、お湯はなかなか良かったです。

晩御飯は、温泉行く途中に気になったうどん屋さんへ。
200609091731000.jpg
釜揚げうどん
最初、どーやって食べていいかわからなかった(笑)
なかなかあっさりしていて、麺はシコシコで結構美味しかったです。




いい時間になったので、駅へ。
最後の列車「スーパーいなば」に乗り込み、一路岡山へ。
ちょっとしみじみ〜としちゃったりなんかして(笑)

岡山には10年くらい前に行った事があったんだけど、様変わりしていてびっくり。
今回の旅行で、一番多くの人を見た(爆)


とまぁ、こんな感じで踏んだり蹴ったりの旅でしたが、山陰も面白いところでした。
出雲(山陰)から始まり岡山(山陽)で終わる。
これこそサンライズ!(笑)
これからの人生、サンライズでありますようにるんるん

今度はどこ行こうかなぁ〜ぴかぴか(新しい)
posted by のり at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 山陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取砂丘

水木しげる記念館を後に、最後の観光地『鳥取砂丘』へ。
米子駅から特急で1時間、更にバスに乗り継いでまずは展望台へ降り立ちました。

・・・がさっ・・・

展望台というから結構期待してたんですが、それらしき建物に登っても窓は締め切ってあり蒸風呂状態。
古びた双眼鏡が1つあるだけで、あとは何もない会議室のよう・・・。
一応砂丘は一望できるのですが、思った以上に砂丘が小さくてこれなら来ないほうが良かったかも・・・。

RIMG2789.jpg
展望台からは観光リフトが砂丘まで接続されているので、それで降りることに。
片道200円。高いなぁ・・・。
それでも、ゆっくりのんびり降りていくリフトは、ちょっと気持ちが良かったです。



RIMG2803.jpg
砂丘に降り立つと、展望台で見るよりは結構高く感じました。
しばしその光景を眺めた後、砂丘で楽しみにしていた『らくだに乗って砂丘を散歩♪』に挑戦。




本日強風のためらくだ乗りは中止です


あぁ、やっぱり今回の旅はついていないたらーっ(汗)
でも、らくだに乗って写真は撮れるみたい。
なんでも、金を払わないと、らくだだけでも写真は撮らせないそう。
商売してんなぁ・・・。

RIMG2797.jpg
ここまで来て乗ることせずに帰るのはなんとなくもったいない。
なので、1コインを握り締め、乗ってきましたとも。
そのおじちゃんに写真を撮ってもらったんだけど、ほとんどが逆光たらーっ(汗)
・・・をぃをぃ。
らくだを降りた後も、金を払ったからいくらでも撮っていいよ〜ということで、計15カット、撮らせていただきました(笑)
らくだを近くで見たのは初めてかも。
よくよく見ると、結構かわいいるんるんそして、触ったら思った以上に毛が柔らかい。
らくだ使いのおにぃさんに話を聞くと、らくだにもアンダーコートがあるらしく、北海道でも二こぶなら十分生息できるとのこと。
砂漠に生きるイメージがあるから意外だった。
でも、砂漠も夜になると冷えるらしいから、ちょっと納得だな。



砂漠を歩いてきました。
posted by のり at 18:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 山陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・水木しげるロード&記念館

RIMG2785.jpg
昨日のあまりの閑散さに、テンション下がりまくり、日を改めて再び行くのもどーかなーと思ったけど、折角来たんだからと気を取り直して、朝一で水木しげる記念館へ。




入館料は大人700円とちょっとお高め。
朝一にもかかわらず、こちらはそこそこ人が入っていた。
そして、意外にも面白いぴかぴか(新しい)
水木しげるの生い立ちから、鬼太郎と目玉親父の出生の秘密、その他妖怪の説明など、なかなか興味深かった。
館内はそんなに広くないのだけど、水木ワールドが濃縮されているところです。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください(笑)

200609091039000.jpg RIMG2783.jpg  200609091036000.jpg
左:鬼太郎茶屋の看板猫。あまりの暑さにダウン(笑) 
中:妖怪神社 
右:鬼太郎文庫で目玉親父フロートなるものを注文。普通の味(笑)
posted by のり at 13:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 山陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

水木しげるロード

出雲を出て向かった先は、米子から乗り換えて約45分、境港にある『水木しげるロード』です♪
200609081548000.jpg
米子の駅から、既に水木ワールド。
各駅には、妖怪の愛称名がついています。
ちなみに米子駅は「ねずみ男駅」でした。



大層賑わっているんだろうなぁなんて思っていったのですが・・・

・・・・閑散(- -) (- -) (- -) (- -) シーーーン

着いたのが4時を過ぎていたし、お店も5時6時で閉まってしまうからだろうけど、あまりにも人が居なさ過ぎて拍子抜け。
記念館は4時半まで入らないといけないので、明日に持ち越しとし、今日はロードの沢山のブロンズ像と、お土産やさん巡り。

200609081649001.jpg 200609081649000.jpg 200609081702000.jpg

左:入り口 中央:街頭にも目玉親父が 右:橋にはネズミ男

記念館まで辿り着くといい時間になったので、晩御飯にすることに。
今日のご飯は雑誌で見つけた、海鮮丼♪
地図上で見ると、そこからさほど遠くもないように見えるので、テクテクと歩くことにした。
住宅街を通り、お墓の横を通り(涙)、こんな所歩いてる人居ないぞ、というところを通り、犬に吼えられ、歩くこと30分。

つ、疲れた〜たらーっ(汗)

でも、それだけ苦労(?)した甲斐がありました〜るんるん
200609081803000.jpg
魚山亭の『特上海鮮丼』
これがまた、やばい位うまいぴかぴか(新しい)




------番外編----------

帰りに駅前に来てギョッとした。
RIMG2780.jpg
本とに妖怪じゃんたらーっ(汗)
posted by のり at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 山陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出雲編

昨日渡されたバスの時刻表、どうも最新のものじゃなかったらしく、15分も待たされた上に渋滞にハマったたらーっ(汗)
空港に到着したのは、出発の10分前・・・あせあせ(飛び散る汗)
通常だったら15分前に搭乗手続きは締め切られているも、今回は事情が事情だけに、なんとかチェックインさせてもらった。
出発5分前を切り、『ジャンプインです!』なんて言われながら検問(?)を突破。
最終乗客で、なんとか始発の出雲行きに乗り込めた。
いや〜、やっと安心した。

RIMG2755.jpg
離陸後、珍しく富士山が見える。
これは幸先がいい!?




出雲の旅はこうして始まった
posted by のり at 13:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 山陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

やっと着いた

image.jpg
とりあえず東京まで。
用意された宿は、なんと新横浜プリンスホテル。
こんな所、泊まったことなーい!
あまりにも広いロビーで、エレベータ乗るのでさえ迷ったし(汗)
警備員さんに軽く不審者扱いされつつも、部屋に到着。
慣れないカードキーを横に通そうとして、一人突っ込み。
トイレに入ると、広い湯槽に感動し、便器に座ると同時に流れる水に驚く。
…慣れない所に泊まるもんじゃないな(汗)
posted by のり at 23:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 山陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ショック

とっぱじめからトラブル発生!
なんと羽田行きの飛行機が、大遅延。
おかげで、ものすごい楽しみにしていた、今回のメインの一つ、寝台列車に乗れなくなってしまいました。
とりあえず東京迄行って一泊し、朝一の出雲空港行きに振り替えてもらった。
あーぁ、めったに乗れない寝台が…(涙)
posted by のり at 20:04| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 山陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。