2006年06月11日

またもや

前回下痢したとき、もしや腸内菌バランスが崩れてるのかなと思い、乳酸菌をあげてみた。

次の日は大丈夫だったのに、昨日また下痢をした。
んーーーなんだろう。

前々からケッケケッケしていたよなぁ。
ご飯も今日も残ってる。
そういえば、最近ペッタンする回数が増えたよなぁ。
そういえば、うん@も最近細くなってきた気がする?
気になって脇・首・股を触ってみる。
・・・リンパ腫れてる?

気にすればするほど、疑わしいことが出てくる。
毛玉かなぁ。
それとも心臓?
ううーーー嫌だ嫌だ。まだ3ヶ月だよ?
気にしすぎかなぁ・・・でもなんかだったら嫌だな・・・

考えてもしょうがないので、まずは行ってみようと、病院へ行ってきました。

診断結果は?
posted by のり at 20:14| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

わっ!

チャイが下痢をした。

小汰が旅立ってから、なんとなく元気がなった。
そういえば、フードもいつもは完食しているのに、今日は若干残っている。
でも、そこそこ元気はある。

お迎え症候群ではないが、旅立ち症候群でもなってしまったのだろうか・・・・。

image/umiita-2006-06-11T19:25:45-1.jpg
にぃちゃん・・・・
posted by のり at 19:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

小汰、頑張っています

今朝も、ほとんどご飯を食べない。
でも、とにかく会社に行っている間、ひっそりと独りで逝かないようにと、無理矢理口に入れる。

帰ってきたら、トイレはぐちゃぐちゃになっていた。
ついにオイルのような黒色便が出た。
私の中では黒色タール便=死の便。
先代の子達はみな、このいやーな便を出して旅立っていった。
もって1週間。

それでも、ちょっとした進歩があった。
ダックスープを最初の2〜3本、シリンジからだけど自ら呑むしぐさをする。
水もボトルから飲めているし、助けを借りながらもまだ歩ける。

image/umiita-2006-06-04T02:01:11-1.jpg

小汰は頑張っている。
諦めちゃダメだな。
posted by のり at 23:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

吐き気

相変わらず深緑の水下痢。
食べていないから量は多くないけど、ちょっとトロミもついてきた。

すきっ腹に大量の水を飲むせいか、吐き気がくるようになってきた。
いつもの波打つ吐き気とはまた違って、うっぷというような感じ。
それとも、体に力が入らないから、そんな力ない吐き気しか出来ないのかな・・・。
呼吸はものすごく穏やかなのに、黙っていたら病イタに見えないのに、歩こうとするとばったりと倒れる。
足腰がかなり弱ってきている。
ご飯は食べないし、骨は浮き出てくるし、吐き気は来るし・・・命の灯りがだんだん小さくなってきた・・・。
posted by のり at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

また痩せた

茶系だったうん@が深緑の下痢に変わった。
嫌な変化だ。
食べていないせいもあるのだろう。
ダックスープはもぅほとんど食べない。
口に流し込んでも飲み込もうとせず、ダラダラと口からこぼしている。
カケシアも一応常備はしてあるのだが、多用すると腎臓に負担がかかるというのを聞いたことがあったので、腎臓が弱っている小汰にはあげない方が良い。
かろうじて、水は自分で飲めているようだ。
水が唯一の生命維持食品。

体重:1020g
1週間で100g以上も減っている・・・。
posted by のり at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

血便

今朝、とうとう血便をだした。
鮮血だったから、内臓のほうではないような気もするが、安心できない。

なのに、今日に限って、会社の行事がありどうしても定時で帰れない。
急いで帰ってPM8:30。
帰る途中、もぅ小汰が息してなかったらどうしようとか、変なことばかり考えていた。
必死に走って、激チャリして、家について小汰を見たら・・・

「生きてたー」

もぅダメかと、本とに思った。
でも小汰は頑張っていた。
呼吸はなんだか落ち着いている感じがする。
それとも、弱くなっているだけ?
posted by のり at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

一喜一憂

うん@が緑から茶色に変わっている。
ちょびっとしか出していないけど、緑や水下痢よりはいいのかも?
でも、昨日より元気が無いように見える。
倒れこんだときの前足が、通常顔の前に伸びるのに、真横に開いた。
ありえない。
思えば、ぺぺの晩年もありえない方向に開いていたような・・・。

起きているのに目を開けようとしない。
そんなに苦しいのか、そんなにしんどいのか?
もぅ本とにどうしようもないのかな・・・。
posted by のり at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

注射が効いた?

昨晩、注射が良かったのか、補液が良かったのか、ちょっと持ち直したように見えたが、帰ってきたトイレはやっぱりだめなうん@ばかりだった。

kota.jpg
急いで帰ってきたらこんな感じでぐったり

ぺぺの時と比べるならば、晩年のうん@っていう感じ。
それでも、よろけながら部屋のパトロールは怠りない。
昨日の様子からして、今日かも・・・?って思ったけど、夜の小汰は落ち着いているように見える。
相変わらずご飯は自力で食べないから、無理矢理食べさせているし、よろよろしているし、本とにもぅ無理かもしれないけど、復活してくれそうな気もする。
根拠は全く無いが・・・。
posted by のり at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

余命宣告

足元がふらつき、まっすぐ歩けなくなってきている。
立ち止まるということが出来なく、倒れこむように止まる。
ご飯もドライはもちろんダックスープも自分から飲もうとはしない。
シリンジで無理矢理口に入れるが、それにも限度がある。
食べようとしないのは、体が受け付けないんだから、無理強いしすぎるのも気が引ける。
目がくぼみ半開き状態だ。
意識もかなり朦朧としているのではないか。
今日は緑色の目やにを出している。
これは良くない兆候なのではないか?
ということで、病院に行ってみたらば
posted by のり at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

変わらず

下痢、未だ止まらず。
水状の緑色の下痢が、びゃーとおしっこの様に出てくる。

朝、ご飯をあげているときになんか落ち着かないなーとおもったら、突然ひざの上でぶちかました。
会社から帰ってきたら、ゲージ中下痢だらけ。
そんな近くのトイレでさえも、我慢できずにいるのだろう。

ご飯もほとんど食べず下痢ばかりしているから、日に日にぐったりしてきて、目にも力が無くなってきた。
薬、効いてないのかなぁ・・・?
腎臓の薬もかなりまずいらしく、あげるほうも貰うほうもストレス。
まずいよなぁ(_ _。)・・・
posted by のり at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

なんだこれ!?

会社から速攻帰ってくると、トイレには下痢に混じって『白く長いもの』があった。
『白く長いもの』=・・・回虫!?
突然恐ろしくなり、時間も時間だけに病院にTELしてみたら、院長先生はまだいらっしゃるとのこと。

義姉に車を借りるも、ガソリンがない・・・・。
めぼしいスタンドに入ると、そこのおにぃちゃんが「フェレット、かわいいですねぇ」と言ってきた。
ん?あなた、フェレットって言いました?
フェレ飼いならわかると思うけど、大抵の人はこの子達を見て「フェレット」とはすぐ出てこないでしょう。
よくよく聞いてみると、フェレットを飼っているとの事。
なるほど〜。
時間があれば、もっとお話したかったのねー。(_ _。)・・・シュン

安全運転を心がけましょう
posted by のり at 23:21| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

見ぃつけた♪

image/umiita-2006-05-26T22:23:12-1.jpg
チャイの乳歯が抜けました!!!
今まで4本ものフェレットを見てきましたが、歯が抜けるのを見たのはチャイが初めて♪
この後、もぅ1本の乳歯も見つけました。
小さくても、きちんと歯の形をしております。
これでチャイも、立派な大人の仲間入り!?

小汰は、相変わらず下痢続きです。
明日からは会社が始まるので今日病院行くかどうか迷ったけど、明日はよくなるかもしれないし、と願いつつ様子を見守ることにした。
頼む!治ってくれ!!
posted by のり at 22:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

入れ代わり立ち代り

小汰の下痢が全然回復しない。
おしっこのような緑色の水下痢。形は全くなし。
最近はダックスープも残すようになってきた。

明日には薬も利いてよくなるかも?と思い続けて3日、よくなる気配が無いので病院に行くことに。
今あげている2種類の薬の相性は悪くないから、もぅちょっとあげてみてとのこと。
口をくちゃくちゃするようになったので、インスリの気もあるかもと血糖値を調べてもらったけど、異常はなし。
単に気持ち悪いだけなのかもしれない。

下痢の原因は色々あって、小汰の場合、心臓からくる下痢かもしれないらしい。
−心臓が早く動きすぎて、全身に血が回らず血行障害となり、下痢を引き起こす−>こんな感じの説明(あまり頭に入らなかった・・)
下痢止めの注射をしてもらった。

体重:1300g
一気に下がってしまった・・・。
posted by のり at 06:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

再び

ちょっと帰りが遅くなったけど、うん@も戻ってきたから大丈夫かなーなんて思っていたら・・・・帰ってきてびっくり。

トイレ一帯下痢まみれ(涙)

うそでしょーーー!?
薬やめちゃったから?やめるの早すぎたの?違う何か?
ご飯も食べていないよー(──┬──__──┬──)

一時中断していた薬を復活。
なんとか効いてくれ。
posted by のり at 23:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

今度は・・・

軟らかかった便も、ようやく形づいて戻ってきたようだ。
ダックスープがよかったのか、薬がうまく効いてくれたのか、快方に向かってるようだ。
結局1日半、何も食べなかったことになる。
しばらくは、ドライは食べれないかなー。

チャイが小汰の餌をバリバリ食べるので、ふやかしのフードももぅいいかなーと思い、一気にドライフードに切り替えてみた。
問題なく食べているみたい。
大丈夫か。

・・・・なんて考えていたら、夜中、吐きました(涙)
1度で済むかなー、なんて思っていたら再度吐き出す。
思い当たることは、フードの事だけ。
変なものは落としていないし、食べた様子も無いけど・・・。
うんちも食欲もあるし、とりあえず様子を見ることに。
posted by のり at 23:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

なんとか落ち着いた

昨晩から深夜にかけて3時間くらい、踏ん張っては下痢して、たまに何も出ず渋り便、そしてまた下痢・・・の連続でした。
本とに辛そうで、このまま駄目なんじゃないだろうかとよぎった。
一度落ち着いたけど、1日中緑の粘膜下痢をしつづけ、ドライもふやかしも食べようとしなかった。
夜になってなんとか落ち着いてきたけど、そのうち便に血が混じってきた。
鮮血だったから、大腸が傷ついたのかなぁ。
posted by のり at 23:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

嫌な便

朝になっても治らず、ふやかしも依然食べない。
食べない、といより食べれないという感じ。
無理に食べさせることは出来たけど、あえてせず病院へ。

今朝した、緑のねっとりしたうん@を片手に診てもらうと、
『いやーなうん@だね。なんというか、腸の膜が剥がれ落ちた感じで・・・とにかく嫌なうんちだ』
と。
補液と抗生物質の注射をしてもらったので、1日くらい食べたくなかったら無理にご飯をあげなくても良いと。
腸を休ませるということかな。
術後にもらった同じ抗生剤と、以前下痢したときにもらった整腸剤を投与することに。
肝臓が悪いから抗生剤はあまりあげたくないのだが・・・。

posted by のり at 23:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

悪夢の始まり

朝の放牧時に、うっかり目を離していた隙に、小汰が階段から転げ落ちた。
音のみで見ていたわけではなく、でもひどくて4段くらいは落ちている。
なんとなくお尻を引きずっているように見えるが、少ししたら普通に歩き、体を触ってみても痛がる様子はない。
ちょっと心配だったものの、大丈夫かなと外出することに。

が、帰ってきてびっくり。
ゲージの中が下痢だらけだった。嘔吐跡も。
なに?なぜ?何が起こった?
考えられることは2つ。
・階段から落ちて、打ち所が悪く、内臓をぶつけた。
・日中天気がよく、予想外に室温が上がった

とりあえずご飯を食べていないようなので、ふやかしをあげたが、頑なに拒否。
なにかおかしい・・・・。

posted by のり at 21:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

命名:小汰

img050914215428136.jpg

誤食の後、一時は食欲を取り戻したがまた食べなくなってしまった。
一昨日の晩から昨日にかけて、下痢・嘔吐症状が出てぐったり。
輸液を受けたら元気は取り戻したけど食欲はナシ。
どこかが悪いことは確かだ。
posted by のり at 21:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フェレット 下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。