2008年05月01日

イルカとの再会

AM4:30、そろそろ三宅島への入港アナウンスが流れる時間。
そのアナウンスとともに、御蔵島への着岸状況も知らされるので、結構ドキドキです。
運命はいかに!?

「・・・なお、本日の御蔵島への条件付就航は解除されました」

!!!

ということは!?ということは!?
そう、着岸するということですぴかぴか(新しい)
わーい♪
前回が行きも帰りも欠航だけあって、この解除のお知らせの喜びはひとしお。
寝起きの鈍い私も、これでイルカにあえる!と思っただけで、朝からテンションが一気に上がりましたよ〜(笑)

2008050201.JPG 2008050202.JPG


身支度をして看板にあがると、すぐ目の前には御蔵の島。
2年ぶりです。
港に着くと、今回もお世話になる民宿のオーナー兼船長が待っていてくれていました。
今便は、全て女性で私を含め7名です。
やっぱり中日といえどもGWですからね。
 
  
宿に着くと、すぐ部屋に入れたので、とりあえず朝ご飯を食べて仮眠。
そして、待ちに待ったイルカ船、就航です!
朝は、ちょっとドンヨリしていたけど、船が出ると青空も顔を覗いています♪
これはいい写真が撮れるかも〜!
この日のために新調したカメラを携え、いざ入水。

2008050206.JPG

前回の御蔵では、ドルフィンスイム自体が初めてだったので、ドタバタシュノーケルで、全く余裕が無かったのですが、今回は小笠原で鍛えたシュノーケリングで、難なく久しぶりのイルカとのご対面。



でも・・なんだかすごく大きく感じます。
そう、どのイルカも筋肉隆々。
妊娠してるの?ってくらいの子も居ます。


2008050205.JPG

そして、この日のイルカたちはとってもフレンドリー。
カメラを構えると、みんな一度はチラリと見てくれます。




でも・・・このにゅうカメラ、ハウジングがなくて手軽なのはいいんだけど、そのお陰で違うボタンが押ささってしまって、シャッターチャンス!って時にメニュー画面になってしまったり、かなりいいアングルを逃しています。

2008050203.JPG

でも、日が差しているお陰で、海の中はとっても明るいです。
小笠原とは違った海の色、御蔵ブルーです。

黒潮がかろうじて残っていてくれたお陰で、この時期でもウェット着てれば十分快適に泳げます。
久しぶりの海が気持ちい〜♪



でも、肝心のイルカたちは、子育て中のためかあまり遊んでくれません。
たまに、目くらましかのように、近づいておちょくって去っていくイルカもいましたけど(汗)
遊んでくれそうな気配のイルカもいたんだけど、息が続かなくて浮上した途端、プイッと去ってしまわれたりで、御蔵のイルカはとっても厳しいなぁと実感(笑)

2008050204.JPG

スキンが上手な人たちとは、楽しそうに泳いでいる子も居るのになぁ・・・。




そんな中、大分成長した子イルカと遭遇。
お母さんイルカに寄り添っているものの、人間に興味深々オーラが伝わってきました。
これはチャンス!と、じーっとその子の目を見つめ、タイミングを見ていざ潜行。
すると、今まで寄り添っていた子が、引き寄せられるかのように一緒に泳いでくれましたよー♪
至福な瞬間ですねー。

2008050208.JPG

浮上したら、慌ててお母さんイルカのほうに戻っていきましたけど。
お母さんイルカの「ほら、戻っておいで」って声が聞こえてきそうでした(笑)




そんなこんなで、午前の部は終了。
帰りの海は、既に波が高くなってきていました。
思った以上に早い海況悪化。
なんとかもって欲しいなぁ
posted by のり at 12:00| 🌁| Comment(0) | 旅行 御蔵島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。